今振り返ると、昨年の2021年は素晴らしいスキーシーズンでした。世界中の多くの山脈にて、良好なコンディションが続き、アジアやヨーロッパの多くのスキースポットでは、久しぶりに上質な雪が降りました。がしかし、悪いコンディションが続くこともあるため、スキー旅行を事前に計画するのは、ちょっとした賭けになってしまうかもしれません 

一方、スキーヤーやスノーボーダーは、リスクを冒すことで有名です。結局のところ、エクストリームスポーツなので、ボードにストラップをつけた時点あるいは、スキーをカチッとはめた時点で、命をかけていることになるのです。もちろん、事故に巻き込まれる危険性はたいてい小さく、処置可能なものですが、それもすべてウィンタースポーツの醍醐味の一部なのです。 

どんなスポーツでもそうですが、私たち一人ひとり、許容できる危険のレベルは異なります。スキーをしない人に尋ねると、ほとんどの場合、スキーはリスクが高すぎると言うでしょう。しかし、普通のスキーヤーからしてみれば、バックカントリースキーヤーやスノーボーダーの方がよりリスクが高いと考えているそうです。 

さて、そんな魅力が詰まったスキーですが、次回のスキー旅行にカジノも訪れたいという方、もうどこに行くべきか迷う必要はありません以下にて、訪れるべきスキー&カジノスポットを2つリストアップしました。もしかして運が良かったら、ヘリスキーができるほどの高額賞金が当たるかもしれませんよ! 

 

モンブローリゾートカジノ(アメリカ、レイクタホ 

アメリカでもトップクラスのスキーリゾートモンブロー・リゾート・カジノがレイクタホにあります。ネバダ州にも近いため、近くには素晴らしいカジノも数多くあります。1978年にオープンしたゴージャスなこのリゾートは、贅沢さが詰まった施設であり、様々なギャンブルゲームで遊べ、時間をつぶすのにぴったりな場所です。 

同リゾートを所有しているのは、トロピカーナ・エンターテイメントです。2015年に2500万ドルを投じて大規模な改修工事を行い、21世紀仕様の、洒落たゲームフロアと湖周辺の豪華エンターテイメント施設へ見事変身させました。美しいブルーとゴールドのアクセントが効いた、従来よりもオープンなデザインとなっています 

ブラックジャック、クラップス、ルーレット、3カードポーカー、スロットマシンなど、さまざまなギャンブルゲームで遊べます。また、夕方や週末には、ラスベガススタイルのエンターテイメントが楽しめるため、パーティーの開催地としても人気があります。 

カジノ・バリエール・シャモニー(フランス、シャモニー 

1760年、モンブランの初登頂賞がきっかけで登山家が集まるようになった「カジノ・バリエールシャモニーは、ギャンブラーだけでなく、冒険家たちを魅了し続けています。現在ではフランスにある有名登山スポットであり、ヨーロッパで最もスキーヤーに人気のある場所の一つです。スキー場のほかにも、カジノエリアは常にたくさんのゲストで賑わっており、カジノ兼スキースポットとして国内外から注目を集めています 

同リゾートのメインフロアには、カジノとレストランがあります。この見事な建築物は、19世紀に建てられ、博物学者のソシュールと山岳ガイドのバルマットの有名な像の近くに位置しています。ちなみに彼らは、モンブランを初めて登頂した人物です。同じ19世紀には、かの偉大なナポレオンもこのリゾートに来たと伝えられておりたくさんの歴史に彩られた場所といえるでしょう 

SFCグループが所有する同リゾートのカジノエリアには、ポーカー、プントバンコ、クラップス、ルーレット、ブラックジャックのテーブルが並んでいます。人気テーブルゲームの他にも、多くのスロットマシンが話題を呼んでいます山脈の風景を楽しみながら、従来のテーブルゲームや電子ルーレット、70台のスロットマシンでスリルのあるゲームプレイを楽しみましょう!